タクトブログ

タクトのお仕事

[PG1/60 RX-78-2 ガンダム]に関する記事

PG1/60 RX-78-2 ガンダム 合わせ目消し編

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

1/100スケールPG(パーフェクトグレード)ガンダムを制作中です。

製造工程上、プラモデルには「パーティングライン」

が出てしまうので、これをやすりがけ等で消す作業を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腕の部分。

削った白い部分にラインがあり、

筆者とは別の模型部員の方が電動ヤスリを使い削った。

 

 

 

 

 

 

頭頂部、メインカメラ部分。

 

 

 

 

 

 

サーフェイサー塗装、ライン消しを行う前の同パーツ。

こちらは当ブログの前記事に投稿した画像の拡大、再掲。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

筆者が当時ゲート処理を行った時は、

このようなパーティングラインに無頓着でした。

パーツをえぐらない程度に、

事前にこれを削ることも次回心がけます。

ーーーーーーーーーーー

グレ研式・個人的文章

没文章

記事「設備 各種ヤスリ」に掲載予定だった文

「ただし「神ヤス」をはじめとする、

スポンジ布ヤスリを電動ヤスリに代用する例は非常に有名。」

ーーーーーーーーーーー

(ガンダムの頭部の説明をwikipediaから引用予定だったが、

前記事ですでに投稿しているため、今記事では別の機体の

説明を引用する。)

モビルフォース ガンガル (1/250)

主役メカらしい人型ロボット。

多目的戦闘型とされ、両手が5本指のマニピュレーターとなっている。

箱絵では両手足、頭は白、胸、胴は青、腰が黄色、足底は赤、という配色であった。

オリジナルの意匠としては胸に2連の黄色い砲口を持ち、

背部に大型の赤いウィングを背負っている。黄色い六芒星マークのベルトをしている。

もとは「超合人グレンダー」というキットだった。

※wikipediaより引用

ーーーーーーーーーーー



 

PG1/60 RX-78-2 ガンダム モールド編

この記事は「グレート研削盤」が担当しています。

PGガンダムの作成が再開した。

現在は百式のスジ彫り等の作業で得た経験を活かし、

ガンダムのモールド彫りを行っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この作業で従来のモールドを彫り直すことにより、

スミ入れの時に入れた部分がくっきりと反映される。

 

下の4つのパーツの画像。大きい中央の部品は

モールドを彫る前のもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モールド彫りを施した部品の拡大図。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集中を重ね、少しづつ進行中。

ーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

モールド彫りとスジ彫りは別物ということは

PGガンダムカテゴリーの最初の記事

書き始めてから初めて分かりました。

表現というものは難しいようです。

ーーーーーーーーーーー

グレ研式・個人的文章

筆者が唯一持っているガンダムの本。

↓ーー↓ーー

『トニーたけざきのガンダム漫画』

『機動戦士ガンダム』をベースに『月刊ガンダムエース』誌上にて不定期に掲載されている、

トニーたけざき作の漫画作品。単行本は現在3巻まで発売中。

タイトル通り、基本的にガンダムを中心としたパロディで一話完結の構成。

ファーストガンダム関連のネタのみを扱い、

『機動戦士Ζガンダム』以降のキャラクター、

MSはほぼ登場しない(∀ガンダムは一部で登場)。TV版と映画版の設定の相違をネタにしたり、

オチを小説版にするなど、ガンダムを熟知した者にのみ通じるツボを押さえた内容となっている。

作者曰く、「リアルタイムで見ていない読者が読むべきものではない

(後にDVDやビデオで見てもだめ)」との事である。

※Wikipediaより引用

 

ーーーーーーーーーーー



 

 

PG1/60 RX-78-2 ガンダム

この記事は「グレト研削盤」が担当しています。

PG1/60 RX-78-2 ガンダムにサーフェイサーを吹く作業を

行い、その合間に撮影したものとなります。

 

上半身(胸から上)

 

 

 

 

 

 

背面と踵部分

 

 

 

 

 

ランドセルと腰部分

 

 

 

 

 

全体像と手の関節

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各部ハッチ開閉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在モールド彫りを行っています。百式とはまた違う

彫り方をする予定。

ーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

PG(パーフェクト・グレード)のやすりがけを

行ったのは筆者ですが、当時は急ぎすぎていました。

それでも、クオリティは落ちていないようです。

が、もし次に電動ヤスリを握るときはこの教訓を

忘れないようにしなければなりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

頭部

メインカメラやアンテナが集約され、

カメラのレイアウトは人間の顔を想起させる配置となっている。

うち、頭部に一対で採用されるデュアルカメラは照準制度を

向上させるためのものとなる。

加えて、教育型コンピューターの負担を軽減するコ・プロセッサーも内蔵。

また、スーズ社製のアンテナや、マツム・ソニック社製の通信システムを備える。

TVアニメ第18話では敵基地を偵察するために、

右耳辺りから集音デバイスが露出する描写もみられた。

※Wikipediaより引用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グレ研式・個人的文章

 

 

 

 

 

「何をしようというのだ?」

 

 

 

 

 

 

「…」

「粒子砲!」

 

 

 

 

 

(爆発音)

※プライバシー保護のため一部音声を変更しています

ーーーーーーーーーー