タクトブログ

タクトのお仕事

[PG1/60 RX-78-2 ガンダム]に関する記事

PG1/60 RX-78-2 ガンダム 021

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

1/60スケールPG(パーフェクトグレード)の

RX-78-2ガンダムの制作中です。

 

足のパーツを中心に塗装を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトやグレーを基調とした色分け塗装を行いました。

画像は、クリアのトップコートを吹いて、コンパウンドで磨く前の段階です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このパーツ、四種類の色で色分けされています。この向きから横にすると…

 

 

 

 

 

 

濃いベージュに近い色の部分があります。これは当ブログのガンダム塗装紹介では

始めて塗装し公開した色でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この塗料はブログ設置以前に調合した塗料で、当時の配色は分かりませんが、

「ガイアノーツ ダグラムカラー CB-20 マホガニー」とホワイトを調合すると

似た色になるそうです。グレーとも違う濃い色があるのが良い。

 

(マ  ニー)

 

塗装を続けていきます。

現在制作中。



 

PG1/60 RX-78-2 ガンダム 020

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

1/60スケールPG(パーフェクトグレード)の

RX-78-2ガンダムの制作中です。

 

いくつかのパーツの塗装が完了しました。

 

肩と脚の付け根のパーツ。組立も完了しました。

 

 

 

 

 

 

このパーツには、ビスで止める箇所があります。

 

 

 

 

 

ガンダムの首周りの黄色いパーツ。

モールドを彫り(スジ彫り)、スミ入れを行いました。

このタイプのモールドは、他のパーツにはない特徴のため、印象に残るものです。

 

 

 

 

 

 

中央の四隅の部分にも、スジ彫りとスミ入れを行いました。

画像のテンプレートに合わせてスジ彫りを行いましたが、難しい工程でした。

 

 

 

 

 

 

ビームサーベルの柄。この部分はホワイト、グレー、ブラックで色分けを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

リンク・(PGガンダム最初の記事)。2019年12月18日以前には始まっていた。

製作開始から早一年。まだまだ進めていきます。

現在制作中。



 

PG1/60 RX-78-2 ガンダム 019

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

1/60スケールPG(パーフェクトグレード)の

RX-78-2ガンダムの制作中です。

 

内部パーツをいくつか塗装完了しました。

 

胴体のコクピット部分。前記事「PG1/60 RX-78-2 ガンダム 011」でも紹介した

コアファイターが収納される部分と同じですが、変形させた

コアファイターとは別にこのパーツを取り付ける、選択式のパーツです。

前記事のコアファイターは可変させないことにするため、

PGガンダムの胴体にはこちらを取り付けます。

 

動力パイプやタンクのようなパーツはゴールド、

その周辺をシルバーで塗装。どちらもホワイトめいています。

 

 

 

 

 

 

 

このパーツ、一種類のブルーと二種類のレッドが使われています。

レッドは、バーニアの周辺部分のみオレンジがかったレッドになっています。

 

 

 

 

 

 

 

続いて、足首周りの内部パーツ。シャフト付き。

 

 

 

 

 

 

 

ビスで止める部分もあります。シャフトの赤はメタリックなレッド。

 

 

 

 

 

 

 

新しいパーツにホワイトを吹き始めました。どうなるか…

現在制作中。