タクトブログ

タクトのお仕事

[PG1/60 RX-78-2 ガンダム]に関する記事

PG1/60 RX-78-2 ガンダム 009

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

1/60スケールPG(パーフェクトグレード)ガンダムの制作中です。

 

外装パーツの塗装に進みました。いくつかのパーツの紹介。

(画像はクリックすると拡大します)

 

マスキングテープを使用し、パーツの部分的な塗り分けを行いました。

 

コア・ファイター、コア・ブロックのレッド部分。

 

 

 

 

 

部分ごとに、ブルーを基調とした三色に塗り分けられたパーツ。

 

 

 

 

 

腰のイエロー部分内部のメンテナンスハッチの内部パーツ。

スミ入れを行っている。模型部の方いわく

「組み立てる前にぜひここで掲載しておきたい精巧なパーツ」。

 

 

 

 

 

塗り分けを行うパーツは他にもあり、塗装を進めています。

ーーーーーー

グレ研式・個人的文章

もしグレ研が個人的にプラモデルを制作するとしたら…

HGではありますがスターゲイザーガンダム、ケルベロスバクゥハウンドを作りたい。

タミヤの1/6スケールのエンジン、中世の投石器のプラモデルも作ってみたいものです。

プラモデルを自分の手で組み立てるからこそ、記載するべき箇所が

詳細に分かるのかもしれません…おそらく。

ーーーーーー



 

PG1/60 RX-78-2 ガンダム 008

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

1/60スケールPG(パーフェクトグレード)ガンダムの制作中です。

今記事まで1/100となっていましたが、正しくは1/60です。

現在は正しい表記になっています。

 

内部パーツの一部の塗装が完了し、ランドセルや足は組み上がっている状態です。

前記事でもカラーを紹介しましたが、念のため再掲。

どれもガイアカラー・サーフェイサー・エヴォブラックの下地を吹いています。

ランドセルの本体はスターブライトシルバー、バーニア部分はパールシルバー、

金色の部分はパールゴールドで塗装しています。

ランドセル全体           ランドセル裏面

 

 

 

 

 

 

バーニア内部           バーニア側面

 

 

 

 

 

 

両足         横         裏面

 

 

 

 

 

外装のパーツも塗装し始めたところです。

現在制作中。

ーーーーーー



 

PG1/60 RX-78-2 ガンダム 007

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

1/60スケールPG(パーフェクトグレード)ガンダムの制作中です。

 

パールゴールドのパーツに、スミ入れを行い、

さらにその上からクリアーを吹きました。

 

形を整えるため、番数の高いやすりをかけて、

さらにコンパウンドも使って磨いていきます。

 

 

 

 

 

その際、このシールドのパーツのような光沢が目安となります。

 

 

 

 

 

左が磨いていないパーツ、右が磨いたパーツ。

一見違いが判りませんが、触れると分かる細かい凹凸を削っています。

 

 

 

 

 

スジ彫りを行ったパーツの、新しいカメラを使用しての再掲。

まだスジ彫りを施していないパーツも同時に掲載。比較用に。

前後腰アーマー        脚部分(未スジ掘り) スジ掘り脚

 

 

 

 

 

 

横腰アーマー(未) 横腰アーマー   脚部分比較

 

 

 

 

現在制作中。

ーーーーーーー