タクトブログ

タクトのお仕事

[タクトブログ]に関する記事

マスク制作 4

この記事は「グレート研削盤」が担当しています。

 

五月のマスク販売状況…

五月中に886枚のマスクが売れました。

一日に平均10人くらいの人数がマスクを買いに来る計算となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月5日現在もマスクを制作しています。

ーーーーーー



 

マスク制作 3

この記事は「グレート研削盤」が担当しています。

 

我々はミシンと材料を使いマスクを作りはじめました。

現在も続けています。が、初期の頃と状況は変わりました。

 

制作しているマスクは改良を重ね、鼻にフィットしやすい構造になりました。

それゆえに、型の構造的に、ミシンで曲線状に縫わないといけないため、苦戦しています。

 

 

 

 

 

が、本当の問題は…

他の場所でも、個人でも。布でマスクを作る人は大勢います。

布、ゴム、縫い糸。どれも現在品薄で、店に行ったとしても手に入らないということ。

注文は意外と多く、注文枚数が明確でないため、急ピッチで作業を進めていますが、

いつ材料と、制作したマスクが尽きるかわからない。

マスク制作の担当も「瀬戸際に立たされている」とのこと。

 

現在の布、糸ゴム、ミシン糸の在庫。

いずれ尽きるとも限らない。収束までに持ってくれるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在制作中。

ーーーーーー



 

四コマ漫画作品(不定期)3

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

ーー就労継続支援タクト利用者の方の作品(四コマ漫画)

不定期に掲載予定。

 

遊園地のジェットコースターに乗っている楽しい夢を見ていた。

ずっと続くと思っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

支配人「頭の上のにわとりをけしたらいいよ。

…ずっと見ていられますよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

(目覚まし時計が鳴る)

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら…

にわとり(目覚まし)が無かったら

一生目が覚めなかったかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーー

日本では、1959年(昭和34年)からローラーコースターが建築基準法の

「工作物」として扱われるようになり、

法律や省令に基づいて安全基準や定期点検などが実施されている。

「工作物」すなわち建物と同じように扱われ、乗り物として扱われていないのは、

乗客の乗車地点と降車地点が同じであり、

乗車と降車の地点が異なる一般的な乗り物とは用途が違うからと考えられている。

※Wikipediaより引用

ーーーーーー