タクトブログ

タクトのお仕事

[カーモデル フェラーリ]に関する記事

1/24エンツォフェラーリ008 エンジン塗装編

こんにちは!

この記事は「グレー研削が担当しています。

久しぶりにエンツォ・フェラーリの撮影を行いました。

 

エキゾーストパイプの焼け塗装を行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前記事の時点で紹介した塗装前の上記部品の一部。

比較すると塗装と下地の違いが判る。

 

 

 

 

 

 

エアクリーナーを仮組みしたもの。

上部のグレーの部品。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この部分はアップライト、簡単に言えば

ディスクブレーキの軸であるそうです。

この模型を担当する模型部員の方が

車に詳しかったためようやく分かりました。

質問するということは筆者にとって大変なことですが、

大事なことだと思いました。

ーーーーーーーーーーー

Brembo S.p.a

ブレーキはブレーキローターにカーボンセラミック素材を使用したブレンボ製。

ブレンボは、イタリア、ロンバルディア州ベルガモ県クルノに本社を置く自動車・

二輪車用ディスクブレーキメーカー。1961年創業。

ブレンボはディスクブレーキが発明された頃とほぼ同時に創業したメーカーである。

特にハイパフォーマンスカー向けの高性能ブレーキで世界的に有名である。

※Wikipediaより引用

ーーーーーーーーーーー



 

 

1/24エンツォフェラーリ007 インテリア塗装編その2

こんにちは!

この記事は「グレート削盤」が担当しています。

エンツォ・フェラーリの塗装の続きです。

主に内装部分の黒いパーツを塗る作業。

 

サーフェイサーを塗り、乾燥を待っている部品。

乾燥した後に塗装する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組み立てた時、見える部分にしか挟めないパーツは、

部品を傷つけないようマスキングテープで保護してから固定する。

 

 

 

 

 

 

 

塗装完了した部品。

細かい部品の大半は塗装完了している。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

筆者はガンダムのアンテナなどの細かいパーツを

(神経を集中すれば欠きませんが)

よく欠いてしまうことがあるので、

今回のエンツォ・フェラーリの細かいパーツを

一切折らずに塗装できることは凄いと思いました。

(古い軍用輸送車の細かいパーツのやすりがけを
行ったことがあるが、こちらは経年劣化で折れやすくなっていたので、
今回のエンツォ・フェラーリの強度が予想できず分からないのが気がかりなところ。)

ーーーーーーーーーーーー

エンツォ・フェラーリの価格

新車価格は邦貨換算7,850万円ともいわれているが、その希少性のために中古車市場で

3億円近い価格がついたこともあった。

※Wikipediaより引用

ーーーーーーーーーーーー



 

 

1/24エンツォフェラーリ006 インテリア塗装編

こんにちは!

この記事は「グレート研削盤」が担当しています。

フェラーリのシルバー塗装を行い、乾燥機にかけている途中です。

部品の一部を撮影しました。

 

マフラー部分。

音を低減し、エンジン特性を調整する装置。

 

 

 

 

 

 

 

シルバーとブラックで塗装されたエキゾーストパイプ。

こちらも排気ガスに関係があり、

ガスの排気効率に関係する部品らしい。

 

 

 

 

 

 

 

ホイールは一度メッキを剥がし、

下地とシルバー塗料を吹き付けています。

現在、シルバー部品の塗装を終え、

グレーのパーツを塗装しています。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

パーツの名称をインターネットで調べることに、

説明書が近くにあったにもかかわらず苦戦していました。

模型部員の方への部品に対する質問は

しておいたほうがよいと思いました。

エキゾーストパイプの名称は説明書を見たときも、

確認のためインターネットで調べたときも

こういうものかと考えながら

文章を執筆していました…。

ーーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の若干日常的文章

「グレート研削盤」をそのままG00gle翻訳すると

「Great grinding machine」。

再翻訳しても「グレート研削盤」。

日本語名を略そうとすると「グレ研」になる。
今後の記事にこの略称を入れる予定はない。

ーーーーーーーーーーーーーーーー