タクトブログ

タクトのお仕事

スジ掘り担当者からコメントもらったよ~

おはまる水産🐟タクトの毛玉おじさんぽよ!

         気になる方はお問い合わせフォームにてご連絡ください(‘ω’)

 

スジ掘り!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、『MG 百式ver.2.0』を手掛けています。

スジ掘りにはいくつかあり、¨もともとあるモールドを彫りなおすスジ掘り¨、

¨新規作成のスジ掘り¨が一般的ですが、両方とも実践したことはなく、そもそも

【スジ掘り】というディテールアップは一度くらいしかなく、

十分な工具がない状態で行っていたので、出来の悪いプラモデルが出来上がった記憶が

鮮明に思い出します。

それから全くスジ掘りはやっていなく、より出来のいいものを作るとなった場合、

プラ板を貼り付けたり、専門の販売店やネット通販で購入できるパーツを付けたりして

ディテールアップを狙いますが、現存のパーツに新しくスジを掘って

アクセントとリアリティを出すやり方は外せなく、なんとしても

慣れる必要があるため、まずは練習を兼ねてモールドを彫り直す手順を行ってから

スジを掘る感覚を覚え、写真の通りの新しくスジを付ける手順を行っています。

彫りたい個所を掘る場合はガイドテープを貼り付けて慎重に掘っています。

彫る個所以外にキズを付けてしまうと、リカバリーするのが難しくなるからです。

まだまだ歪ですが、慣れるためにもう少し練習していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

∞JUSTICE GUNDAM

おはまる水産🐟タクトの毛玉おじさんぽよ❕

         気になる方はお問い合わせフォームにてご連絡ください(‘ω’)

イェエエエエエエエイ!!

空前絶後の超絶怒涛のピン芸人!

笑いを愛し笑いに愛された男!

そう全てをさらけ出したこの俺は

一富士、二鷹、サンシャイーン!

いーけ!ボコッ!ざーき!

イエエェェー!!!

 

∞JUSTICE GUNDAMが出来たよ!

かっこいい😸

 

 

 

 

 

 

 

翼があってかっこいい😸

飛んじゃうね🐤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


パトリック・ザラの指示のもと、国力・物量に劣るザフトが奪取したG兵器のデータを注ぎ込み、統合3局によって開発された試作型MS[13]。ザフトにおけるイージスの後継機として作られた機体であり[14]、兄弟機であるZGMF-X10Aと共にC.E.71年4月1日にロールアウト。「ナチュラルに正義の鉄槌を下し、コーディネイターの真の自由を勝ち取る」旗印となるべく、本機ZGMF-X09Aは「ジャスティス」、ZGMF-X10Aは「フリーダム」と命名された[13]。

連合のGAT-Xシリーズと将来的に行われる量産化を考慮した場合、物量差でザフトMSの優位性が覆される事は大きな懸念材料であった。そのため、ザフトと連合の技術を融合した機体としてジャスティスは開発された[6]。基本構造はゲイツをベースとし[6]、その運動性能や情報収集能力を引き継ぎつつGAT-Xシリーズの技術も導入した機体となった[6]。さらには単機で多数の敵を相手に圧倒的戦闘力を示しうる対地球連合の切り札となるべく、Nジャマーの効果を打ち消す「ニュートロンジャマーキャンセラー」を搭載した核エンジンを動力とした事で無限に近いエネルギーを獲得。それにより兵装の大幅な出力向上と従来機を遥かに上回る稼働時間延長を両立し[15]、PS装甲もダウンする事がなくなった[9][注 9][注 10]

ジャスティス最大の特徴は、後述の「ファトゥム-00」にある。フライトユニットを接続し機動性を向上させるというアイデアそのものは連合のストライクの時点で存在したものだが[12]、ジャスティスではこれをさらに推し進め、ファトゥム-00を活用した合体・分離戦法により別の無人機(僚機)と連携するかのような多重攻撃に用いることも可能としている[17]。多数の固定火器により高い砲撃力を有するフリーダムと比較すると単純な総合火力では一歩及ばないものの、その高い機動性と攻撃能力からCE71年においてトップクラスの機体として君臨した[17]。エターナルに属してからは識別番号「102」を使用した[10]。

※Wikipediaより引用

作業へのこだわり

おはまる水産🐟タクトの毛玉おじさんぽよ!

         気になる方はお問い合わせフォームにてご連絡ください(‘ω’)

えっとね・・・

これはねぇ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

RE/100 RX-78GP04G ガンダム試作4号機 ガーベラだよ~~

 

 

 

 

 

 

色を混ぜて色を作ってるところだお

どんな色になるかな^^

 

 

 

 

 

 

これが塗る前で

 

 

 

 

 

 

これが塗った後

おお・・・😹

よきかな

 

塗った人に作業へのこだわりを聞いたよ😺

 

塗りムラが出ないように、均等に吹きつけることを心がけています。

今回は説明書に書いてある基本の色に近づけました。

 

とのことです😽

いいねぇ!!!!!!!いいよ~~

均等って難しそう!!!と思ったよ😽