タクトブログ

タクトのお仕事

MG1/100ケンプファー 005

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

ケンプファーの多数の武器の塗装を行っています。

 

 

 

 

 

 

前回、シュツルム・ファウストという名称の武器を

緑に塗装したものを紹介しました。

 

今回はトップコート「光沢」をかけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グレーで塗装したジャイアント・バズや

ライトグレーで塗装のショットガンにも、

同じトップコートをかけました。

 

 

 

 

 

 

 

この上からスミ入れとデカール貼りを行って、再び

クリアを吹く予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

背景の問題もありましたが、

カメラの腕がなまってきたような気もします。

 

カメラを持つことを躊躇わないようにしなければなりません。

ーーーーーーーーーーーーーー

グレ研式・個人的文章

※当ブログで販売されているものではありません

グレ研マーケットタイクーン

その4「石膏プラスター」

建材用 左官台付き

ーーーーーーーーーーーーーー



 

MG1/100ケンプファー 004

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

MGケンプファーの下地塗装を行っています。

 

 

 

 

 

下地を塗った状態でやすりがけ。

「下地を塗った時に目立つ凹みなどを取り除くためにこの工程が必要になる。

やすりがけを行った後に、再び下地を塗る。」ー迷彩のドム制作中の記事より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

かなり感覚が重要な作業になってきます。

グレ研も、可能な限り集中を切らさないようにします。

ーーーーーーーーーーーーーーー

1/24エンツォフェラーリ018

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ」が担当しています。

エンツォ・フェラーリの模型のクリア塗装を行っています。

前回の画像。レッド塗料を塗装した段階。

 

 

 

 

 

 

クリア塗料を吹いた上画像と同じボディ。

この塗料を吹くことで、光沢が出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

いよいよボディを磨く下準備が始まりました。

新たな工程を次々と行っておりますので、

工程ごとに記事に書いていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

グレ研式・個人的文章

※当ブログにおいて販売しているものではありません

特集・グレ研マーケットタイクーン

その2「リーキ」

通販価格約800~1000円

ーーーーーーーーーーーーーーー