タクトブログ

タクトのお仕事

マスク製作 20

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

(画像はクリックすると拡大します)

 

布マスクの製作中。

今回は、新たな試みを2つ行いました。

 

一つ目は、デニム生地のマスクにリベットを打つ試み。

 

 

 

 

 

 

 

リベットを取り付ける前に、マスクの上に置いて確認。

 

 

 

 

 

 

 

一応、リベットをグレ研が打ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

二人がかりで試してみましたが、取り付けても外れてしまいました。

グレ研はまず、ハンマーの打ち方から教わった方がよいかもしれませんね…。

(のちに気づきましたが、専用の打ち具がなければ取り付けることが

できないそうです。…到着を待ちましょう。)

 

 

 

 

 

 

 

 

二つ目の試みは、マスクの色に合わせて、糸の色も変更するというもの。

基本的には、マスクの布と似た色の糸を使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品質の高い生地を扱うことが多くなってきたので、

このような試みを行いさらに価値のあるマスクを作ります。

そのため、縫い方、製作工程にも気を使っています。

 

試行錯誤していますが、順調に進んでいると思います。

現在制作中。



 

PG1/60 RX-78-2 ガンダム 015

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

1/60スケールPG(パーフェクトグレード)ガンダムの制作中です。

 

肩パーツの上面のパーツ。全て組み立て撮影する時、上から見ないとわからないところ。

ここにも他のパーツと同じように、スジ彫り、色分けを行いました。

色ごとに種類の違う合板が使用されている、というイメージ。

デカールやマーキング・シールは特になし。

 

 

 

 

 

 

 

裏面。

 

 

 

 

 

 

三方向のPCパーツに他の肩パーツを取り付けます。

 

 

 

 

 

 

当ブログの「PG1/60 RX-78-2 ガンダム 014」で紹介した、

前と後の肩パーツを取り付けました。

 

黒く濃い文字のシール・デカールが前。

薄い色のデカールはドライデカールという種類で、後ろ側に向きます。

 

 

 

 

 

 

上から撮影。

 

 

 

 

 

 

ここに取り付けた肩パーツは可動します。

 

 

 

 

 

 

 

また完成しそうな部品があります。お楽しみに。

現在制作中。

 



 

マスク製作 19

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

(画像はクリックすると拡大します)

 

布マスクの製作中。

前回の記事で紹介した薄いデニム生地(6オンスの薄さ)の布マスクですが、

ひもを通した他に、上下の縁に合わせて糸を縫いました。

 

 

 

 

 

 

 

青いデニム生地のマスクには白い糸、色の濃い紺の

生地のマスクにはベージュの糸で縫いました。

 

 

 

 

 

 

 

完成したデニム生地のマスクは、一枚200円で販売しております。

 

 

 

 

 

 

 

店頭にて販売中です。

曇りの日に撮影したが、包装がよく光っている。

(カメラ性能の限界。お許しを)

 

 

 

 

 

 

 

現在制作中。