タクトブログ

タクトのお仕事

[MG1/100ドム]に関する記事

MG1/100ドム10 組み立て完成編

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

 

MG(マスターグレード)1/100ドムの胴体の鏡面仕上げが完了し、

モノアイの色をピンクから黒に変更した後に再び組み立てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MG(マスターグレード) 1/100

ジオン公国軍陸戦用

量産型モビルスーツ

MS-09 「ドム」

(機動戦士ガンダム)

価格19,800円(税込)

で販売しております。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

完成品の撮影を長らく行っていなかったため、

背景、土台を設置することを忘れていました。

その為、背景つきの写真は急遽撮影したものとなります。

ともかく、これで「迷彩のドム」が完成しました。

思い入れの深い作品ですので、記事にできたことを

たいへん喜ばしく思います。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 



 

MG1/100ドム09 スミ入れ編2

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

スミ入れ、微調整の作業が終わり、撮影を行いました。

↓の画像は綿棒と溶剤でインクのはみ出しを修正する工程。

 

 

 

 

 

 

スミ入れを完了した武器。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像の武器には、つや消しのトップコートを吹いてあり、

この塗装を行うことで、表面の保護になるほか、機体の臨場感を出せる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

現時点において、ドムは内装部分にシルバーを加えるなどの

調整を行い、腰の部分まで組みあがっています。

現在、迷彩の胴体部分の鏡面仕上げを行っており、

光沢を吹き、番手の非常に細かいやすりで磨く。

この作業を繰り返し行っています。

新たな進展があり次第、記事に書き進めます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

グレ研式・個人的文章

ゲルググの見た目をジオングと間違えていた時期がありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

MG1/100ドム08 鏡面仕上げ

この記事は「グレート研」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

1999年発売のプラモデル、

1/100スケールMG(マスターグレード)ドムを制作中です。

胴の部分に迷彩塗装を施したドム。今回は、デカールを貼り、

鏡面仕上げを施した胴の部分を撮影しました。

 

8000番のヤスリで磨く。

 

 

 

 

 

 

5つ、迷彩のパーツがあり、全てに鏡面仕上げを行う。

他の部分は光沢でないため、目立つものになる。

 

 

 

 

 

 

更に光沢を出し、塗装を剝がれにくくするため、

この上からトップコートを吹きかける。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グレート研削盤の意見

作業が久しぶりであるため、感覚を取り戻すことも重要になってきます。

個人的にも文章は書いていますが、ブログを書く時のように

悩み抜くことも、大事なことかと思われます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グレ研式・個人的文章

あけましておめでとうございます。

今年も、プラモデルを制作し、より良い記事を書いていきます。

よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーー