タクトブログ

タクトのお仕事

PG1/60 RX-78-2 ガンダム 019

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

1/60スケールPG(パーフェクトグレード)の

RX-78-2ガンダムの制作中です。

 

内部パーツをいくつか塗装完了しました。

 

胴体のコクピット部分。前記事「PG1/60 RX-78-2 ガンダム 011」でも紹介した

コアファイターが収納される部分と同じですが、変形させた

コアファイターとは別にこのパーツを取り付ける、選択式のパーツです。

前記事のコアファイターは可変させないことにするため、

PGガンダムの胴体にはこちらを取り付けます。

 

動力パイプやタンクのようなパーツはゴールド、

その周辺をシルバーで塗装。どちらもホワイトめいています。

 

 

 

 

 

 

 

このパーツ、一種類のブルーと二種類のレッドが使われています。

レッドは、バーニアの周辺部分のみオレンジがかったレッドになっています。

 

 

 

 

 

 

 

続いて、足首周りの内部パーツ。シャフト付き。

 

 

 

 

 

 

 

ビスで止める部分もあります。シャフトの赤はメタリックなレッド。

 

 

 

 

 

 

 

新しいパーツにホワイトを吹き始めました。どうなるか…

現在制作中。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です