タクトブログ

タクトのお仕事

PG1/60 RX-78-2 ガンダム 017

この記事は「グレート研削盤」、

略して「グレ研」が担当しています。

 

1/60スケールPG(パーフェクトグレード)の

RX-78-2ガンダムの制作中です。

 

今回は、二つのパーツを塗装しました。

 

一つ目、胴体、胸の排熱ダクトやコクピット近くの部分。

三色のブルーで色分けを行った。

(インターネット上でのMS(モビルスーツ)排気ダクトについての考察はたいへん興味深かった。

MSにはすごく熱が溜まるとか…詳細は「ガンダム 排気口」で検索!)

 

 

 

 

 

 

 

ランドセル(もしくはジェネレーター)の外装パーツ。(内装は製作中)

他のパーツと比べてもスジ彫りと色分けを行った箇所が多い。

 

 

 

 

 

 

 

ホワイト、グレー、ライトグレー、ブラックの四種類の色で分けている。

 

 

 

 

 

 

 

裏面。ガンメタル風の塗装。

 

 

 

 

 

 

 

(ジェネレーターと排気ダクトは繋がっている、という

内部構造の画像を見たことがあります。この2つのパーツの共通点。

ヒント:「ガンダム ジェネレーター」。また、「ガンダム 内部構造」

で調べると、様々なMSの構造が見えます。)

 

胴体の方も製作を開始していきました。

神経を使う作業ですが、続けて行っていきます。

お楽しみに。現在制作中。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です